住むならどれがいいの?まずは賃貸の選び方

最近は賃貸でも、おしゃれなデザイナーズマンションに住むことが出来ます。デザイナーズマンションと聞くと、とても高いというイメージや、分譲住宅でないと住めないのでは?と考える方もいるかと思いますが、そうではありません。条件で選ぶ際にもデザイナーズマンションを検索して選ぶことだって出来ますし、お値段もお手頃なマンションが増えてきています。

賃貸物件や中古マンションの入居までの流れ

スーツの女性

条件を決める

まず、物件を探す際は、条件から定めなければいけません。家賃や駅から近いかどうか、部屋のタイプでも変わります。物件を決める際の家賃の目安は、月収の30%以内にしておくと家賃が大きな負担になるのを防げます。また、物件を探す際は物件の種類(マンション・アパート)、間取りや築年数、設備などを事前に知った上で、問い合わせするかどうかを決めましょう。

問い合わせ

ご自分がこれだ!と思った賃貸物件や中古マンションを見つけたら、不動産に問い合わせて物件の空き状況等を確認しましょう。中には既に希望物件に借り手がついてしまっている場合もありますので、しっかり確認はしましょう。電話で問い合わせる際は物件名を控えるといいです。

内見

一番大事なのが内見。賃貸物件を下見する際は、サイトの写真や間取り図では分からなかった点を確認することが大事です。もしかしたら家具がちゃんと置けない…なんて事もあるかも知れませんので、予め家具の大きさを知っておき、自分の配置したい家具が収まるかの確認もしておくと安心です。最寄り駅からの距離や夜の周辺の治安も確認しておいたほうがいいでしょう。

申込・契約

いい賃貸物件に巡り会えたらいよいよ契約申し込みです。まずは入居申込書に様々な事を記入し、その後は1~3日ほどで入居審査、そして希望に合わせて入居日を設定します。その際、住民票や身分証、収入証明などが必要になる場合がありますので、予め用意しておきましょう。

最近は「おひとりさま」でもマンションを買う

最近は、いわゆるおひとりさまでもマンションを買う事が多くなりました。中には賃貸物件を借りようとしたらマンションを勧められた人もいるのでは?しかし、マンションは高額で1人だと手が出せないですよね。そこで、1人でもマンションを購入したい人にじわじわ人気が出てきているのが中古マンションです。

新築マンションと中古マンションの違いとは?

新築マンション

新築マンションは、購入にかかる諸費用が物件価格の5%以内で収まります。しかし、その一方やはり新築であるため購入価格が高かったり、購入後の価格の下落幅が大きかったりするといったデメリットもあります。しかし、比較的駅から近いといった立地条件が申し分無い物件が多いこと、新築物件に入居する気持ちよさがある、などがメリットです。

中古マンション

中古マンションはやはり新築マンションに比べて圧倒的に物件自体の購入価格が安い事がメリットとして挙げられます。また、購入後の価格の下落幅も小さいです。また、購入前に実際の建物や部屋を見て検討出来るため、よりご自身の理想に合った物を選ぶ事が出来ます。購入価格も比較的安いため、浮いた分はお部屋のちょっとしたカスタマイズに使うことも出来ますよ。

中古マンション、新築マンション…1人で買うならどれがいいの?

住宅模型

デザイナーズマンションとは?

デザイナーズマンションという言葉は物件を探している際によく出てくる言葉だと思います。そもそもデザイナーズマンションとはなんだろう?と思っている方の為に説明しますと、デザイナーズマンションとはその名の通り建築家やデザイナーがコンセプトにこだわって設計したマンションの事です。また、新築のデザイナーズマンションは建築家やデザイナーの名前が明確になっている事もあります。メリットとしては内装にこだわらなくてもおしゃれ、共用スペースの管理が行き届いているなどです。

マンション

デザイナーズマンションを選ぶ際の注意点

おしゃれなデザイナーズマンションですが、おしゃれさだけで選ぶと意外な落とし穴も。例えば、生活動線が悪いマンションも中にはあります。キッチンが少し違和感のある場所に配置されている場合も。また、ベランダに洗濯物が干せない物件もありますので、デザイナーズマンションというだけで決めるのではなく、しっかり内見に行き、生活のイメージをふくらませる事で、おしゃれと機能性を兼ね備えたマンションを探す事が出来るのです。

城陽市で不動産を利用ならチェック☆

千代田区で賃貸マンションを探そう☆

城東区で賃貸を利用ならチェック!